ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

正雀師の音曲が冴える紙屑屋

今日は新橋たっぷり寄席。今回と次回(10月27日)で終わるとのことで、とても残念です。

駒松が元犬。

正雀師の一席目は死神。死神が出てくるとしっかり怒ってくれるのが痛快です。ひねる演者が多い噺なので、逆にこのストレート勝負が新鮮に感じます。

ゲストの喬太郎師は路地裏の伝説。笑わせながらホロッとさせるのが喬太郎噺の魅力です。中でもお盆にぴったりなのがコレですね。

正雀師のトリは紙屑屋。清元から義太夫まで音曲の技芸のオンパレードに感心しっぱなしでした。こういう巧者がいるから、あまり演じられない噺になってきました。