ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社そこそこ落語の会へ寄って来るのょウチの人

三三師 一門の至宝練達の笠碁

三の酉の浅草演芸ホールの下席です。 しろ八が道灌。 小はださんはたらちね。 馬るこ師は東北の宿。 粋曲は小春さん。 枝次改メだいえいさんは寄合酒。 紙切りは二楽さん。 三朝師は代書屋。 文菊師は替り目。 三平師は漫談海老名SA。 白酒師は花色木綿。 お…

祝!雛菊さん 元気よく幇間腹

サンポップ寄席は披露目です。 左ん坊が手紙無筆。 けい木さんは楽しいやかん。 菊之丞師は艶のある幾代餅。 お仲入り。 魔法でポンは瞳ナナさん。 まめ菊改メ雛菊さんは元気よく幇間腹。

わさび師 名作だね臨死の常連

池袋演芸場の下席の中日です。 ぽん平が九日十日~みそ豆。 遊京さんは調子よく新聞記事。 志ん五師は仕種楽しい出目金。 おさん師は笑えます粗忽長屋。 めおと楽団ジキジキさん。 文菊師はお上品です千早ふる。 志ん輔師は風味よくお花半七。 お仲入り。 小…

鳳志師迫真の語り 魅せる鰍沢

101回!七人の侍はつばなれしてます。 鯉橋師は軽快に滑稽に運んで家見舞。 たけ平師は地噺冴える目黒の秋刀魚。 枝太郎師は根多卸の芝浜で照れオチ。 お仲入り。 楽生師はとんとん拍子よく錦の袈裟。 鳳志師は迫真の描写で魅了する鰍沢。

楽しいホットな講談 巣ごもり

冷たい雨ん中、巣ごもり寄席はホットな講談です。 寿昇進した神田松麻呂さんは井伊直人。 上方から旭堂南歩さんは蘇生の五兵衛。 田辺凌天さんは愉快に描く湯水の行水。

豪華な顔付けで満席 しのばず

しのばず寄席は大入り満席です。 げん馬が道具や。 うぃんさんはちゃんと整った時そば。 ひまわり師は堀部安兵衛の道場破り。 竜楽師は大垣煎餅~七か国語味噌豆。 魔法でポンは瞳ナナさん。 鯉昇師は練り上げて上等の二番煎じ。 お仲入り。 奈々福師w.玉川…

芸協の彩り楽しい浅草 遊雀師

浅草演芸ホールの中席は大入りです。 空治がやかん。 昇りんさんは借り物競争。 藤本芝裕さん。 遊かりさんは鷺とり。 芝楽師はバスガール。 ナオユキさん。 遊史郎師は転失気。 紫師は笹野名槍伝より海賊退治。 京太ゆめ子さん。 遊之介師はふぐ鍋。 遊吉師…

有難い珍品伽羅の下駄 好楽師

お江戸寄席です。 こと馬が真田小僧。 一花さんは女流映えの権助提灯。 一邑師は長州ファイブ英国密航。 昇々師は意欲作です裸ンナー!。 雲水師は気張って演じる堪忍袋。 お仲入り。 三四郎師は上方の楽しい替り目。 マグナム小林さん。 好楽師は彦六師の珍…

軽みがちょうどいい 広小路亭

上野広小路亭の中席です。 美よしが権助芝居。 伸び太改メ蝶の治さんははりきって鮫講釈。 来春昇進の明楽さんは粗忽の釘。 紙切りは花さん。 小笑師は紙入れ。 小夢師は茶の湯。 国分健二さん。 柳好師は火焔太鼓。 お仲入り。 伸衛門師は岸柳島からかっぽ…

芸協の正統派を味わう秋 国立

国立演芸場中席の初日です。 げん馬がたらちね。 遊子さんは初天神。 夢丸師は近日息子。 一矢さん。 幸丸師は吉田茂伝。 お仲入り。 夏丸師は置き手紙。 円馬師はふぐ鍋。 京太ゆめ子さん。 遊三師は火焔太鼓。

若手の珍品を楽しむ秋 梅屋敷

亀戸梅屋敷寄席です。 愛二郎が新聞記事。 萬丸さんは胸肋鼠とは生兵法。 鳳月さんはしっかり締め込み。 お仲入り。 楽花山さんは珍しい江戸荒物。 好二郎さんは趣味よく鼓ケ滝。 円橘師は練り上げてる茶の湯。

三朝師 磨き上げたやかんなめ

一の酉の浅草演芸ホールの上席です。 しろ八が道灌。 与いちさんは金明竹。 こみち師はお京姐さん看板のピン。 奇術はアサダ二世さん。 一左師は浮世床の本。 彦いち師は漫談機長がいません。 おしどりさん。 歌武蔵師は漫談北の富士さん。 歌奴師は谷風の情…

竹丸師 納得の語り吉良の反撃

お江戸寄席です。 伸ぴんが出来心。 好二郎さんは珍品好みらしくたけのこ。 松麻呂さんは仙台の鬼夫婦=井伊直人。 三度師は笑いの絶えない上方の代書屋。 晴の輔師は善光寺の由来からのお血脈。 お仲入り。 たけ平師は林家の伝統芸です爆笑漫談。 発泡スチ…

綾那さん 充実の鬼山姥紅羽織

ふらっと神田連雀亭の昼席です。 市次郎さんはがんばってるね権助魚。 ふう丈さんは扇子を使ってアンテナ。 市寿さんは腕を上げてきてる鹿政談。 綾那さんw.理緒さんは鬼山姥紅羽織。

鬼丸師 優しく語りあげねずみ

はじめての日本橋昼席落語会です。 二之吉が猫と金魚。 菊一が権助芝居。 やま彦さんはふんばって肉のV6。 なな子さんは林家の楽しいお血脈。 お仲入り。 鬼丸師は優しく語りあげるねずみ。

各派の味で彩る しのばず寄席

しのばず寄席はつばなれしてます。 げん馬が道具屋。 紋四郎さんは上方の粗忽の釘。 梅福師は加藤孫六の出世馬喰。 柳雀師は飄々と楽しげに転宅。 バイオリンの早川きょーじゅ。 楽松師は力の入ったお花半七。 お仲入り。 志の彦さんは修行中の親子酒。 柏枝…

談修師 一門の宝・人情八百屋

立川流日本橋亭です。 笑王丸が狸札。 談洲さんは真田小僧。 志の彦さんは親子酒。 龍志師は味わいよく蒟蒻問答。 お仲入り。 晴の輔師は松竹梅。 小談志師は大安売り。 談修師は一門伝承の人情八百屋。

好青年 スウェーデン!寿限無

亀戸梅屋敷寄席です。 楽太が新聞記事。 楽花山さんは転失気。 好志朗さんは締め込み。 お仲入り。 好青年さんはスウェーデン語!寿限無。 好好さんは大安売り。 好楽師は一眼国。

小ゑん師の力作 恨みの碓氷峠

国立演芸場の中席です。 東村山がやかん。 青森さんはやるネ愛を詰め替えて。 ニックスさん。 志ん五師は練り物と呼びたい魚男。 琴柳師は笹野権三郎より海賊退治。 お仲入り。 花いち師は工夫を入れてお菊の皿。 龍玉師は迫真の了見ですもぐら泥。 のだゆき…

素敵! 円楽師偲ぶ三師匠鼎談

亀戸梅屋敷寄席もつばなれしてます。 けろよんが転失気。 とむさんはANAがあったら入りたい。 楽之介師はより丁寧に運んで一眼国。 お仲入り。 王楽師はサクッとキレよく禁酒番屋。 円橘師は親分が上等です看板のピン。 円楽師を偲ぶ三師匠鼎談が素敵です。

優々さん 上方炸裂の近日息子

冷たい雨ん中でも、巣ごもり寄席です。 凌天さんは明るく村越茂助誉れの使者。 与いちさんは丁寧にフレッシュに明烏。 優々さんは上方を炸裂させて近日息子。

鯉朝師 ジェンダー崇徳院・改

上野広小路亭の上席はつばなれしてます。 こと馬が寄合酒。 昇輔さんは庭蟹。 鯉丸さんは武助馬。 発泡スチロールはできたくん。 鯉橋師は転宅。 枝太郎師は狐裁き。 まねき猫さん。 右左喜師は本膳。 お仲入り。 桜子さんはギリシア戦記テルモピュライの戦…

文菊師千秋楽 珍歌上等の棒鱈

浅草演芸ホール下席の千秋楽です。 菊一が手紙無筆。 志ん松さんはたけのこ。 わさび師は券売機女房。 めおと楽団ジキジキさん。 馬るこ師はん廻し。 歌武蔵師は漫談北の富士さん。 紙切りは楽一さん。 円菊師は新聞記事。 天どん師は老後が心配。 ロケット…

好の助師 しっかりと小間物屋

亀戸梅屋敷寄席は代演二つです。 けろよんが狸賽。 王楽師は抜けぶりよく大安売り。 朝橘師は親の思いを語って雛鍔。 お仲入り。 萬丸さんは確かめるよに唖の釣。 好の助師は確かに小間物屋政談。

顔付よく大入り しのばず寄席

しのばず寄席は顔付よく大入りです。 幸路ががんばってまんじゅう怖い。 好志朗さんはトークが冴えて湯屋番。 ひまわり師は小間物屋政談=万両婿。 萬橘師は客席笑いっぱなしの鮑のし。 カンカラ三線と言えば岡大介さん。 鯉昇師はフルスイングです千早ふる…

文菊師大入り 芸達者な稽古屋

浅草演芸ホール下席は大入りです。 杏寿が十徳。 志ん松さんは真田小僧。 わさび師は黄金の大黒。 ロケット団さん。 馬るこ師は漫談5時からです。 菊太楼師は子ほめ。 紙切りは二楽さん。 円菊師は権助魚。 白鳥師は戦え!おばさん部隊。 めおと楽団ジキジ…

寿輔師 じわっと慰問の思い出

しのばず寄席はなぜか満席です。 げん馬が真田小僧フル。 急遽代演の小右治さんは幇間腹。 A太郎師は棒読みならぬたがや。 遊之介師はもう十八番の湯屋番。 まねき猫さん。 雲水師はあほらしさ全開の宗論。 お仲入り。 旭堂鱗林さんは赤垣源蔵婿入り。 文鹿…

談之助師 工夫を入れとんちき

立川流日本橋亭です。 笑王丸が道灌。 談洲さんはくねくねっと湯屋番。 足の親指骨折の談吉さんは平林。 里う馬師は見応えある王子の狐。 お仲入り。 吉笑さんはまだ松ヤニぷるぷる。 龍志師は滋味のあふれる六尺棒。 談之助師は志らく志の輔のとんちき。

女流だとつばなれ ワンコイン

ワンコイン寄席はつばなれしてます。 来春昇進の吉好さんはアンケートの行方。 一花さんは定吉がチョー可愛い四段目。 桜子さんは安政三組盃より繁三出世。

志ん輔師 盤石の語り宿屋の富

台風ん中、国立演芸場の中席です。 ぽん平が子ほめ。 始さんは着実に腕を上げてたがや。 奇術は伊藤夢葉さん。 志ん丸師は何気なく演じる幇間腹。 小団治師は腕の立つ語りで鹿政談。 お仲入り。 勧之助師は心地よく楽しめる花筏。 彦いち師はキレる若者と睨…