ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社そこそこ落語の会へ寄って来るのょウチの人

好楽師 志ん朝師譲りの干物箱

亀戸梅屋敷寄席です。 けろよんが子ほめ。 兼太郎さんは客席を掴んで堪忍袋。 好楽師は志ん朝師ゆずりの干物箱。 お仲入り。 全楽師は下手を巧みにあくび指南。 良楽師は富山の力量のある松山鏡。

ちしゃ医者から心眼だぁ 王子

ほくとぴあ亭です。 南太郎が意欲的に茄子娘。 談洲さんは仕草のキレを効かせ七段目。 一花さんはカワイイ定吉で掴む茶の湯。 お仲入り。 茶光さんは爽やか??に挑むちしゃ医者。 とむさんはイケメンだけに難しい心眼。

愉快な茶番アオとの別れ 浅草

浅草演芸ホールの上席初日です。 駒介がたらちね。 馬久さんは富士詣り。 こみち師は洒落女中。 奇術はアサダ二世さん。 天どん師は手足。 文蔵師は手紙無筆。 針金はおしどりさん。 円太郎師は強情灸。 志ん輔師はお花半七。 紙切りは二楽さん。 三三師は狸…

いきなり夏の充実の 七人の侍

最短の梅雨明けの夏の七人の侍です。 鯉橋師は夏の風情ある夕立や~青菜。 枝太郎師は甚五郎の珍品木彫りの鯉。 たけ平師は徐々に怖くなるもう半分。 お仲入り。 楽京師は商家の格調高い千両みかん。 鳳志師は真に迫る芝居ぶりで淀五郎。

志う歌師 梅雨が明けて厩火事

池袋演芸場の下席の梅雨明けです。 枝平が一目上がり。 いごっそう歌彦さんは初天神。 り助改メ小ふねさんは寿限無。 三三師は滑稽味満ちる猫の皿。 奇術は寄席2日目の小梅さん。 歌武蔵師はタフな黄金の大黒。 小里ん師は旨いへっつい幽霊。 お仲入り。 歌…

円馬師の力量溢れる青菜 浅草

浅草演芸ホールの下席です。 こと馬が真田小僧。 吉馬さんはやかん。 宮田陽・昇さん。 和光師は大安売り。 藍馬師はつる。 紙切りは花さん。 夏丸師は星新一~米丸作の宇宙戦争。 紫師はお富与三郎仕置き。 ナオユキさん。 米福師はかぼちゃや。 柳好師は目…

楽生師堂々の語り 柳田格之進

亀戸梅屋敷寄席はつばなれしてます。 愛二郎が寿限無。 ぽん太さんはほんわか演じ夏の医者。 小円楽師は後の男が光るお化け長屋。 お仲入り。 楽麻呂師は空海を紹介して大師の杵。 楽生師は堂々たる語りで柳田格之進。

こみち師 東村山愛が炸裂 浅草

浅草演芸ホールは二階も大入りです。 東村山が平林。 小はぜさんは道具や。 勧之助師は置泥。 ストレート松浦さん。 寿昇進扇ぽう改メ扇太さんは子ほめ。 たけ平師は漫談。 ジキジキさん。 馬石師は粗忽の釘。 歌奴師は佐野山。 カンジヤママイムさん。 はん…

人気者が揃ったね 亀戸梅屋敷

亀戸梅屋敷寄席です。 けろよんが子ほめ。 栄豊満さんは明るく楽しく猫と金魚。 好の助師は見応えたっぷりの付き馬。 お仲入り。 兼好師は呑みっぷりのいい禁酒番屋。 鳳楽師は格調高く語る町内の若い衆。

おめでとう 好吉改メ好一郎師

亀戸梅屋敷寄席の披露目は大入りです。 いきなり口上から…好楽師は三年目。 とむさんはおじさんカフェアンクル。 良楽師はパワフルに酔って猫の災難。 お仲入り。 ここでけろよんが九日十日と味噌豆。 好の助師は明るく軽く町内の若い衆。 好吉改メ好一郎師…

小さん師 厚みあふれる井戸茶

国立演芸場の上席です。 美馬が転失気。 あお馬さんはしっかり丁寧に強情灸。 ホームランたにしさん。 天どん師は今や珍しい古典の牛の子。 雲助師は練達の滋味あふれる持参金。 お仲入り。 三語楼師は迫真の芝居ぶりで七段目。 志ん橋師は絶妙の間が楽しい…

鳳笑さん 果敢にいどむは道真

雨模様の亀戸梅屋敷寄席です。 けろよんが雑俳。 好青年さんは訛り方が面白い権助魚。 鳳志師は安定して楽しめる蒟蒻問答。 お仲入り。 楽天さんは感じの出たへっつい幽霊。 鳳笑師は自作ですか果敢に挑み道真。

お昼休みには軽く ワンコイン

神田連雀亭のワンコイン寄席です。 志ら鈴さんはGと益虫と力が欲しいか。 鯛好さんは意外にしっかりしたそば清。 風子さんは芸協の至宝ですラーメン屋。

前座たち張り切る 講談若葉会

若葉会です。 梅之丞が真田の入城。 莉々子が五郎正宗孝子伝。 紅希が巴御前。 鯉花が柳沢昇進録将軍饗応。 真紅さんはスパイス王山崎峯次郎。 お仲入り。 陽菜が大名花屋。 松麻呂が白隠禅師濡れ衣禅師。 紅佳さんは明暦の大火振袖火事。

雨ん朝…志ん輔師に行こ 浅草

浅草演芸ホールの下席です。 ひろ馬が小町。 始さんは初天神。 三木助師は壺算。 丸山おさむさん。 寿昇進まめ菊改メ雛菊さんは寄合酒。 三朝師は庭蟹。 にゃんこ金魚さん。 柳朝師は悋気の独楽。 円十郎師は目薬。 太神楽は仙志郎仙成さん。 志ん陽師は長短…

兼好師 笑いの満ちる蒟蒻問答

亀戸梅屋敷寄席は大入りです。 けろよんが黄金の大黒。 楽八さんは色っぽい女房の紙入れ。 楽麻呂師は不動産屋のよっちゃん。 お仲入り。 栄楽師は太く力強い町内の若い衆。 兼好師は笑いの絶えない蒟蒻問答。

巧者が揃ったね! お江戸寄席

お江戸寄席はなかなかの入りです。 伸ぴんがあわてもの。(文治10ゆかりの堀の内) 朝枝さんはしっかり普段の袴。 蘭師はお富与三郎から仕置き。 志ら乃師は力の溢れる替り目。 お仲入り。 発泡スチロールはできたくん。 遊雀師は練達の滋味です明烏。

ほぼ花緑一門ですね 池袋下席

池袋演芸場の下席です。 左ん坊がやかん。 緑助さんは客席をなごませる狸札。 緑太さんはしっかり語るたらちね。 おさん師は独特の面白さ猫と金魚。 ニックスさん。 文蔵師はのびのび笑える手紙無筆。 歌武蔵師はさすがの重量感の花筏。 お仲入り。 花いち師…

なんとなく趣の満ちる 立川流

立川流日本橋亭です。 のの一が道灌。 志の太郎さんは落ち着きのある転失気。 志のぽんさんは適度に入れて蜘蛛駕籠。 キウイ師は何気に余裕で繰り出す短命。 お仲入り。 こはるさんは鍛えられた足腰で馬のす。 里う馬師は意外に出会わないです雛鍔。 龍志師…

風流師 大千秋楽おめでとう!

国立演芸場中席の披露目は大千秋楽です。 ひろ馬がたらちね。 市若さんは牛ほめ。 三語楼師は転失気。 ホンキートンクさん。 花緑師は火焔太鼓。 馬風師は愉快な漫談。 お仲入り。 楽しい口上。 小さん師は親子酒。 紙切りは楽一さん。 八ゑ馬改メ風流師は岡…

充実の進境に納得 ほくとぴあ

ほくとぴあ亭です。 南之助が朗らかに初天神。 幸朝さんは意外に難しい珍品の義眼。 遊子さんは語りの地力を育んで短命。 お仲入り。 朝枝さんは本格派に着実に締め込み。 始さんはキレよく心地よく宿屋の富。

男らしい講談なら はなぶさ会

はじめてのはなぶさ会です。 山緑師は五条の橋。 伊織が秋色桜。 梅湯さんは荒木又右衛門鍵屋の辻の決闘。 お仲入り。 音玉漫談はKEIKOさん。 凌鶴師は蒲生三勇士雄龍丸のすり替え。

ちょうどいいつばなれ 梅屋敷

亀戸梅屋敷寄席はつばなれしてます。 楽太が孝行糖。 兼太郎さんは適度に入れてお菊の皿。 全楽師は培ってきた力で押して壺算。 お仲入り。 鳳志師は話せばわかるね悋気の独楽。 円橘師は見習いたい飲み方の茶の湯。

若々しく爽やかに 浪曲日本橋

浪曲日本橋亭は若葉の季節です。 港家柳一さんw.ノリ子さんは深川裸祭りの由来。 三門綾さんw.道世さんは吹雪に咲く花。 港家小そめ師w.ノリ子さんは塩原多助の命の振袖。 国本はる乃師w.道世さんは忠治関宿。

30年の歴史誇る 伝通院寄席

久しぶりに伝通院寄席に来ました。 金也師は明るい口跡が楽しい家見舞い。 遊之介師はこのところかけてる置き泥。 お仲入り。 歌助師は大旦那の性格がよく出た寝床。 柳好師は飄々とした金蔵よく品川心中。

GW 四の日は充実の大入り!

GW四の日寄席は初日から大入りです。 やまと師は口跡の厚みを味わって十徳。 駒治師は車庫呑みのはじける最終列車。 左橋師は丁寧な運びが染みてくる寝床。 お仲入り。 馬石師は構成のキレが効いた王子の狐。 文菊師は例によって上手過ぎる四段目。

落語と講談 男と女の競う昼席

神田連雀亭の昼席です。 㐂いちさんは女性の声を効かせながらやかんなめ。 いちかさんは太閤記秀吉の結婚より間違いの婚礼。 伸しんさんは元気いっぱいにネタおろして幇間腹。 真紅さんは郷土愛いっぱいの水戸の面の餅の由来。

まくらが楽しい! お江戸寄席

お江戸寄席です。 南太郎が狸札。 善光寺帰りの遊七さんは権助魚。 高尾山帰りの琴鶴師は柳生二蓋笠。 白タクで帰った小志ん師は天狗裁き。 お仲入り。 おせつときょうたさん。 好太郎師は愉快な小噺からちりとてちん。

祝連雀亭卒業 柳若改メ柳雀へ

神田連雀亭のワンコイン寄席は大入りです。 笹丸さんは嫌味がエグいちりとてちん。 来月50歳で寿昇進して柳雀になる柳若さんは晴れて卒業の転宅。 小そめさんw.博喜さんは太刀山と清香の友情。

練者達の寄席芸光る芸協 浅草

浅草演芸ホール下席です。 伸都が饅頭怖い。 小とりさんは四人癖。 カントリーズさん。 小笑師は転失気。 里光師は犬の目。 相撲は一矢さん。 夢花師は天狗裁き。 遊史郞師は辰巳の辻占。 コントD51さん。 右団治師は真田小僧。 遊吉師は道灌。 奇術は北…