ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

なんとか言っちゃ〜落語の会へ寄って来るのょウチの人

茶楽師 本領発揮する品川心中

国立演芸場寄席です。

羽太郎がたらちね。

今いちさんは銀婚旅行。

小夢師はてれすこ

奇術はポロンさん。

小南師は春が来て里帰り。

お仲入り。

南楽さんは近日息子。

今輔師はオレオレ詐欺

うめ吉さんは粋曲~今いちさんと縁かいな。

茶楽師はちょうどいい感じの品川心中。

落語協会の厚みを味わう 浅草

浅草演芸ホールの中席です。

らいちがめげずに子ほめ。

小はださんは転失気。

わん丈師は一目上がり。

粋曲は小春さん。

文菊師は饅頭怖い。

寿昇進の萬都さんは堀の内。

ロケット団さん。

馬石師は鰻屋

木久蔵師は金明竹

奇術はダーク広和さん。

馬風師は落語家列伝。

はん治師は妻の旅行。

にゃんこ金魚さん。

円歌師はやかん工事中。

円太郎師は祇園祭

お仲入り。

こみち師は紙入れ。

太神楽は小はな和助さん。

正蔵師は松山鏡。

さん喬師は替り目。

浮世節は橘之助さん。

三三師は居候の五目講釈。

若手(男)の講談は はなぶさ会

はなぶさ会です。

凌々が猿飛佐助と戸沢白雲斎。

貞太が三方ケ原軍記より内藤の物見。

貞介が狩野探幽より遠見の山。

伊織さんは本能寺の変

お仲入り。

貞司さんは徂徠豆腐。

凌鶴師は青の洞門。