ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社そこそこ落語の会へ寄って来るのょウチの人

ほぼ花緑一門ですね 池袋下席

池袋演芸場の下席です。

左ん坊がやかん。

緑助さんは客席をなごませる狸札。

緑太さんはしっかり語るたらちね。

おさん師は独特の面白さ猫と金魚。

ニックスさん。

文蔵師はのびのび笑える手紙無筆。

歌武蔵師はさすがの重量感の花筏

お仲入り。

花いち師は破天荒な宿へゴースト。

円太郎師は自由自在に化け物使い。

太神楽は仙志郎さん仙成さん。

勧之助師は丁寧に運んで紺屋高尾。

なんとなく趣の満ちる 立川流

立川流日本橋亭です。

のの一が道灌。

志の太郎さんは落ち着きのある転失気。

志のぽんさんは適度に入れて蜘蛛駕籠

キウイ師は何気に余裕で繰り出す短命。

お仲入り。

こはるさんは鍛えられた足腰で馬のす。

里う馬師は意外に出会わないです雛鍔

龍志師は長いこと語り込んでる崇徳院

風流師 大千秋楽おめでとう!

国立演芸場中席の披露目は大千秋楽です。

ひろ馬がたらちね。

市若さんは牛ほめ。

三語楼師は転失気。

ホンキートンクさん。

花緑師は火焔太鼓。

馬風師は愉快な漫談。

お仲入り。

楽しい口上。

小さん師は親子酒。

紙切りは楽一さん。

八ゑ馬改メ風流師は岡山版の二刀流ハイブリッドのねずみ。

充実の進境に納得 ほくとぴあ

ほくとぴあ亭です。

南之助が朗らかに初天神

幸朝さんは意外に難しい珍品の義眼。

遊子さんは語りの地力を育んで短命。

お仲入り。

朝枝さんは本格派に着実に締め込み。

始さんはキレよく心地よく宿屋の富。

男らしい講談なら はなぶさ会

はじめてのはなぶさ会です。

山緑師は五条の橋。

伊織が秋色桜。

梅湯さんは荒木又右衛門鍵屋の辻の決闘。

お仲入り。

音玉漫談はKEIKOさん。

凌鶴師は蒲生三勇士雄龍丸のすり替え。

ちょうどいいつばなれ 梅屋敷

亀戸梅屋敷寄席はつばなれしてます。

楽太が孝行糖。

兼太郎さんは適度に入れてお菊の皿

全楽師は培ってきた力で押して壺算。

お仲入り。

鳳志師は話せばわかるね悋気の独楽

円橘師は見習いたい飲み方の茶の湯

若々しく爽やかに 浪曲日本橋

浪曲日本橋亭は若葉の季節です。

港家柳一さんw.ノリ子さんは深川裸祭りの由来。

三門綾さんw.道世さんは吹雪に咲く花。

港家小そめ師w.ノリ子さんは塩原多助の命の振袖。

国本はる乃師w.道世さんは忠治関宿。