ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

なんとか言っちゃ〜落語の会へ寄って来るのょウチの人

2016-12-01から1ヶ月間の記事一覧

たこ平さん お白州よく鹿政談

二ツ目勉強会です。納会の後だけど頑張るって雰囲気です。 かな文が出来心。 朝之助さんはつぼ算。押し出しの強い店主で張っています。 日るねさんはたらちね。魅惑のユル調子にクラッときます。 緑太さんは猿後家。緩まない律儀な性格が現れています。 左吉…

雲水師のけんげしゃ茶屋だ!

しのばず寄席の夜の部の半ばからです。 雲水師のけんげしゃ茶屋。この時期の上方ならではの風物詩です。 一乃師は熊谷直実・敦盛最期。美しく戦記の光景を描き出します。 はたけんじさん。 伸治師は幇間腹。客席をぐっとリラックスさせる素敵な話芸です。

志ん吉さん強く挑む 宗珉の滝

町屋お笑い寄席は大入りです。四合わせの面々の充実ぶりが現れています。 はな平さんは権助魚。なごんだ雰囲気を上手につくります。 昇々さんは廻る家族。順繰りに家族のヘンにツッコみます。 八ゑ馬さんは代書屋。大阪弁を活かし鉄板の爆笑ネタです。 志ん…

はん治師 共感を誘う妻の旅行

池袋演芸場の下席です。 小多けがたらちね。 小かじさんは真田小僧。昇進して晴れ晴れとした高座です。 窓輝師はぞろぞろ。丁寧に端整に描く姿に好感が持てます。 禽太夫師はくしゃみ講釈。のぞきからくりの唄が笑えます。 ストレート松浦さん。 歌武蔵師は…

ナイスな面々が揃った連雀亭

神田連雀亭の日替り寄席です。紳士な東芝ご一行のおかげで大入りです。 歌太郎さんは片棒。落ち着いた語りに懐の広さを感じます。 朝之助さんはだくだく。活き活きとピチピチっと演じます。 遊京さんは時そば。独特のゆとりの間にクスッと笑えます。 竹千代…

さん喬師巧み 人柄を描く妾馬

国立演芸場・中席の夜の部です。 小多けがたらちね。 さん若さんは権助魚。権助の田舎者ぶりがナチュラルです。 さん助師はやかん泥。軽妙な調子で心地よく運ばれます。 のだゆきさん。 白鳥師はアジアそば。親日家?のインド人に大爆笑です。 歌司師は紺屋…

雲水師 胸に迫るたちきれ線香

立川流夜席です。 かしめが孝行糖。 笑二さんは(乞食の)元犬。独自の改作として育っています。 こはるさんは鮫講釈。しっかり語り気風よく仕上げています。 龍志師は紙入れ。かわいい新吉が映えるオツな艶笑風味です。 小談志師は蔵前駕籠。ツボを押さえな…

巧みな羽光さん はてなの茶碗

シンプー寄席です。やや少数ながら温かい客席です。 伸三さんは岸柳島。いい感じに渋みのある船頭が印象的です。 寿・昇進の今いちさんは丸々とした幇間腹。フレッシュです。 昇羊さんはかっぱの子? これは田舎の設定が効いています。 翔丸さんは江戸わずら…

好楽師の懐の深い語り 子は鎹

好楽・すみれ二人会は大入りです。 西村がたらちね。 好楽師の一席目は文枝作の妻の旅行。客席の定年世代の共感を誘います。 すみれ師は神崎与五郎東下り仮名書きの詫び証文。牛五郎がいい味です。 お仲入り。 すみれ師は南鶴作の曲馬団の女。終戦後の空気感…

左橋師 温かい人柄の滲む芝浜

四の日寄席です。 馬石師はつぼ算。店主の困った顔がキュートで愛おしいです。 龍玉師は親子酒。酒好きのハートをぎゅ~っと掴んでいます。 駒次さんは動物園。カラッと明るい駒次流の面白さ炸裂です。 菊志ん師は芝居の喧嘩。大胆かつ細心に盛り上げる巧者…

好楽師 実感あふれる妻の旅行

両国寄席です。 ウワサのじゅうべえがつる。 鯛好さんは鈴ヶ森。笑わせる調子がとれて無理なく笑えます。 鳳笑さんは饅頭怖い。懸命キャラからの工夫を繰り出します。 橘也さんは茄子娘。ためになる小ネタが入る面白い運びです。 復活のぜん馬師は狸札。いぶ…