ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社そこそこ落語の会へ寄って来るのょウチの人

好楽師 知りすぎた男の風呂敷

亀戸梅屋敷寄席です。

けろよんが雑俳。

栄豊満さんは自作ですか河童の湯。

六月寿昇進の好吉さんは三枚起請

お仲入り。

楽八さんは声量のみなぎる松山鏡。

好好さんは馴染み親しんだ転失気。

好楽師は知りすぎた男です風呂敷。