ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社そこそこ落語の会へ寄って来るのょウチの人

正蔵師 米朝師匠譲りの一文笛

国立演芸場の上席です。

ぽん平が子ほめ。

六町のなな子さんは軽く味噌豆。

一風千風さん。

たこ蔵師は上方の珍品江戸荒物。

春輔師は一眼国から風流深川節。

お仲入り。

燕弥師はしっかりした普段の袴。

我太郎師は爽やかに演じ幇間腹

太神楽は勝丸さん。

正蔵師は米朝師匠譲りの一文笛。