ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社そこそこ落語の会へ寄って来るのょウチの人

談四楼師 心にしみいる一文笛

冷たい雨ん中、立川流日本橋亭です。

春次郎が十徳。

談洲さんは工夫しながらあくび指南。

吉笑さんはおなじみ松ヤニぷるぷる。

晴の輔師はきちんと語ってお見立て。

お仲入り。

こはるさんは渾身の講釈光る鮫講釈。

龍志師は滑稽な仕草も楽しめる鰻屋

談四楼師は心にしみる語りで一文笛。