ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社そこそこ落語の会へ寄って来るのょウチの人

いい調子の顔付け 亀戸梅屋敷

亀戸梅屋敷寄席です。

けろよんが八九升。

兼太郎さんは講釈よくやかん。

鳳志師は見応え十分の味噌蔵。

お仲入り。

朝橘師は元気よく楽しく両泥。

楽大師は明るく笑える紙入れ。