ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

いいね荒木又右衛門 梅湯さん

神田連雀亭昼席はきゃたぴらです。

桜子さんはときめき注意報①転校生のあいつ。

孝太郎さんw.鈴さんは大岡政談・縞の財布。

梅湯さんは直木三十五作荒木又右衛門より又五郎太夫を斬る。

[鍵屋の辻の決闘]寛永7年7月11日、岡山藩主池田忠雄が寵愛する小姓の渡辺源太夫藩士河合又五郎が横恋慕して関係を迫るが、拒絶されて逆上した又五郎は源太夫を殺してしまう。

江戸へ逃亡した又五郎を保護した旗本阿久和安藤正珍と岡山藩池田家の争いが起きて、又五郎は幕府により江戸を追放される。

太夫の兄渡辺数馬は姉婿荒木又右衛門とともに又五郎を追い、伊賀国鍵屋の辻で決闘となり、又五郎は数馬に討たれた。