ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社そこそこ落語の会へ寄って来るのょウチの人

小辰さん 久蔵が愛おしい富久

研精会です。

かつをが牛ほめ。

宮治さんは権助魚。お疲れでも軽々と笑わせます。

市童さんは洒落小町。噺のツボをつかんでいます。

わん丈さんは矢橋船。上方らしいにぎやかさです。

正太郎さんは四段目。薬師寺の芝居ぶりがいいね。

小辰さんは富久。愛おしい久蔵を丁寧に描きます。