ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

巧みな朝也さん 本格的な富久

今日はほくとぴあ亭です。

喜太郎が雑俳。

吉笑さんは狸の恩返しすぎ。擬古典?は古典の無駄を省いて近代的に洗練していきます。

桃之助さんは妾馬。客席の気分を裏切らない、ほんわかムードのあったかいタッチです。

楽大さんは厩火事。ガタイのいいチャーミングなお崎がチョーかわいくて今風です。

滑稽噺の達人・朝也さんは本格的な富久。久蔵の喜怒哀楽を巧みに描き出します。場面の空気感まで楽しめます。