ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

雷太さんたくましく竹の水仙

おかわりして、大成金第2部です。

昇也さんは寄合酒。さわやかで平明な語りです。やさしく誠実な感じに好感度アップしてます。

小痴楽さんは磯の鮑。年季を重ねてなお若い演者ならではの‘色気’の与太郎が活きる噺です。

歌丸師は鉄板の城木屋。伊勢の壷屋の....です。東海道付けなどはビンテージの味わいでした。

お仲入り。

羽光さんは浦島太郎の読書感想文。上方の軽妙な話術で、調子よくキリッと引き締めました。

雷太さんは竹の水仙。落語愛がにじむ語り口です。いつのまにか、たくましくなっていました。