ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社そこそこ落語の会へ寄って来るのょウチの人

市馬師 厚みに納得の猫の忠信

国立演芸場の中席です。

市助が手紙無筆。

市好さんは与太郎ぶりに挑む磯の鮑。

ホンキートンクさん。

燕三師は滑稽味を醸し出して権助魚。

小満ん師は問題の珍品です呼び継ぎ。

お仲入り。

小燕枝になる市弥さんは軽く紙入れ。

扇辰師は年季のはいったシブい道灌。

浮世節は橘之助さん。

市馬師は常吉の厚みに納得の猫の忠信。