ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

貞水師の忠治もかっこいい

今日はJAL名人会です。

圭花が小町。

喬介さんは饅頭怖い。大阪銘菓を次々に、思いっきり旨そうに食われてまいりました。

萬窓師はぞろぞろ。ブレないというか、硬質でも安らげる感じは木の家のしつらえです。

母心さん。

喜多八師は十八番の小言念仏。老人をクサして客席をつかむ。いつみても素敵な怪演です。

柳之助師は時そば。機内放送を考えて、丁寧にたぐってくれました。その音がぐぐっとそそりますよ。

貞水師は国定忠治の旅から山形屋。めっきり少なくなった(貞水師でも近年レアな)侠客モノですが、あらためて仁侠の魅力~かっこよさを認識しました。