ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

鳳楽師、真骨頂の木乃伊取り

今日は両国寄席でした。

祝・二ツ目昇進の好吉さんは、落ち着いててれすこ

真ん中分けの真楽師の猫の皿は、どこか当世風。

五九楽師が青菜。

喜八楽師の汲みたては円楽党ならではですね。

円朝師は、火鉢を突っつくとこなど軽妙に浮世床

小円楽師は、がっちり目黒のさんま。この秋、一番はじめに観た目黒です。

ヒザが紫文さん。

トリは鳳楽師。江戸の旦那や商家を描いたら、さらに芸者衆と遊ばせたら、その風情は天下一品ですね。真骨頂の木乃伊取りでした。