ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社そこそこ落語の会へ寄って来るのょウチの人

2013-11-04から1日間の記事一覧

馬石師の意欲的な笠碁

続いて四の日寄席も、そぼ降る雨の中、大入りです。才紫さんは時そば。持ち味のキレよく、巧みにそばをたぐって、客席から中手が入ります。駒次さんは天野(てんの)家(の孫)。久しぶりですが、お召列車がどこに行っても鉄板です。左橋師は百川。百兵衛の…

正太郎さん 滑稽な三方一両損

福袋演芸場は1981年生まれ集合の会です。一蔵さんは短命。ダイナミックなんだけど、工夫するところはなかなか繊細に計算ができているとみました。ぴっかりさんは金子成人から小朝師に贈られた元禄女太陽伝。しかも地噺なんで演りにくい。やっぱり小春が…