ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

菊志ん師 キャラ立つ花見小僧

永六輔さん肝煎り最尊寺永住亭-春-です。

ひしもちが転失気。

遊京さんは崇徳院。ほんわか優しい語りが馴染んできてます。

小辰さんはのめる。明るく健気にがんばってる糠まみれです。

菊志ん師はおせつ徳三郎の花見小僧。婆やのキャラが秀逸です。

[隈元信一『永六輔:時代を旅した言葉の職人』絶賛発売中]