読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談慶師 リアルに迫るねずみ穴

立川流夜席です。

笑坊が道灌。

らく人さんは花色木綿。独特のヘラヘラな調子はどこからくるのでしょ。

談吉さんは強情灸。キレがよい口調にのった熱がり方に可愛げがあります。

龍志師は野ざらし。軽妙な江戸っ子の持ち味にノッていい気分に笑えます。

談修師は転失気。笑えるところで笑わせる、何気ない計算が立っています。

談慶師はねずみ穴。借用書やいなごの工夫でリアリティを足し、兄弟の語り(上田弁?)や表情の迫力が見事です。さすがの立川流です。