ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

夢丸師はなんと!次の御用日

かっぱの勉強会in日暮里です。

馬ん長が寄合酒。

みのりが吉岡治太夫。

円満さんはちりとてちん。年齢と丸みで描く、アクや嫌味のない自然派の一席です。

きらりさんは扇の的。男勝りの力強い語りの力に、師匠ゆずりの和む入れごとです。

夢花師は野ざらし。リズムとテンポが複雑に変わる前衛的な調子に目がくらみます。

3人の前座時代から50回記念、来春は全員が寿昇進をダブルで祝うめでたい口上。

やなぎ南玉さん。

夢吉改メ夢丸師は(これは新江戸噺かな?)と観ていたら次の御用日! 数々の珍品を復活させてきたけど、やりますね~。