ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

たけ平さんの江戸っ子明烏

今日はくらとくらでしの会です。ご近所のみなさんであったかい集いでした。

たま平が子ほめ。

つる子がのめる。自分の言葉でしっかり語っています。

まめ平さんは堀之内。とんとんと落語の調子がノッています。

たこ平さんはかぼちゃ屋。締めるところと緩めるところの構想が独特なたこ平調の仕上げです。

はな平さんはたがや。持ち前のほのぼの感があります。続けて噺にちなんだ踊りで上汐。でかいので見応えあります。先生の生演奏と唄でキリッと引き締まりました。

たけ平さんは明烏。演者の声が活きる、源兵衛多助の江戸っ子ぶりがいい感じです。大旦那と若旦那のコントラストはこれからの楽しみです。