ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談幸師で高砂やを再発見

今日は立川流夜席です。

春太郎が手紙無筆。

幸之進さんは得意の狸鯉。表情がかわいくって楽しいっす。

吉幸さんは権助魚。権助がやたらハッスルしてて、元気すぎて可笑しいです。

談幸師は高砂や。この噺をみくびってました。師匠の何気ない間が具合いよくて、思わず笑いが出てしまいます。

談慶師は真田小僧。金坊のこまっしゃくれた今風のセリフが面白いですね。

ぜん馬師は十八番のねずみ。じっくり演ってくれました。

これでツバナレしないとは!? 世の中ど~なってるの。