ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

司さんがしっとりと刀屋

午前中は福袋演芸場でした。

さん弥さんはやかんなめ。お侍の人柄の作り方が演者により違いますが、器の大きさの加減がいいですね。

ぼたんさんは崇徳院。まくらで言われてみると、なるほど峯岸みなみ似ですね。

続いてはお節徳三郎のリレー落語という趣向です。

まず朝也さんは花見小僧。あの顔で定吉がかわいく面白いってぇのが、腕ですかね。

次いで司さんが刀屋。持ち前のしっとりとした語り口が効いて、店主の心が滲み出ています。