ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

立川流のまったりした夜席

今日は、立川流新宿亭夜席です。新宿永谷ビルは、えらく年季が入っています。西武新宿駅の北口が最寄り。先月から月1回昼夜ではじまりました。

はじめてみる春松が、孝行糖。

転宅は妾お菊のほうが泥棒よりもイイのが、いかにも談奈さんらしいです。

客席の6人!が景気づけられました、キウイ版悲しみにてやんでい。

文字助師は、十八番・谷風の情け相撲の名調子。盤石の安定感です。

三四楼さんは、ちゃんと漫才ブームを語って、浅草東洋館を描いたネタは大山エッチラオッチラ。

左談次師は、揺れる与太郎からあふれるフラに爆笑の錦の袈裟。

この場所この顔付けで集まったのは、なかなかの立川流マニア。素敵なお客さんでアットホームなひとときでした。