ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談四楼師匠の富久グッときた

今日は広小路亭の立川流夜席でした。

不思議の国の志のぽんが可愛く元犬。

談吉さんはどこにいくの、なぜか乱調気味の子ほめ。

ソフトな志ららさんの酔っ払い(替り目)は、女性ウケよし。

談之助師は、立川流の国訛り。

談幸師は軽妙にして笑いを誘う、時そば。

談四楼師の富久は、久蔵の気持ちの波と旦那や頭のあたたかみがグッと迫ってきた。椙森神社の富、鶴の千五百番でした。