ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

ぜん馬師の浜野が滲みた

今日は新宿永谷ビルで始まった立川流新宿亭の第1回でした。これから月1日(昼・夜)開かれるようです。

開口一番で志のぽんがやかん。立川流だから? 不思議と出会わない噺です。

らく里さんが目黒のさんま。

談之助師はおなじみの漫談です。今回は上納金にまつわる話題を軸に、アブナイ笑いをとっていきました。

左談次師の妾馬は、みんなが大好きですね。飄々とした八五郎に、師匠の持ち味が十二分に出ています。

ここで仲入りです。

談修さんの紙入れは、女将さんに色気が出て、落ち着いてきました。

ぜん馬師の浜野矩随がよかったです。毅然とした母親の覚悟がにじみ出てきて、はじめて浜野を知った人も‘何かある’と感じ、クライマックスまで引き込まれます。