ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社そこそこ落語の会へ寄って来るのょウチの人

なんとなく趣の満ちる 立川流

立川流日本橋亭です。

のの一が道灌。

志の太郎さんは落ち着きのある転失気。

志のぽんさんは適度に入れて蜘蛛駕籠

キウイ師は何気に余裕で繰り出す短命。

お仲入り。

こはるさんは鍛えられた足腰で馬のす。

里う馬師は意外に出会わないです雛鍔

龍志師は長いこと語り込んでる崇徳院