ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

泣きが愛おしい富久 里う馬師

お江戸寄席です。

伸び太が無精床。

寸志さんはすらすら軽快に運ぶ幇間腹

いちかさんは安政三組盃より羽子板娘・津の国屋お染。

遊之介師は緩急の間合いを掴んで長短。

お仲入り。

マグナム小林さん。

里う馬師は泣きの久蔵が愛おしい富久。