ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

さん光さん 腰痛に耐え幾代餅

板橋落語会です。

燕弥師は転失気。しっかりソフトな語りです。

八ゑ馬さんは息子がうどん屋で酔う、親子酒。

織音師は柳生旅日記の序、十兵衛と沢庵禅師。

三朝師は天災。江戸っ子の滑稽味が絶妙です。

小せん師はふぐ鍋。熱くて美味そうな鍋です。

さん光さんは幾代餅。誠実な人柄の清蔵です。