ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

笑二さん憎らしいネ 猫の忠信

立川流マゴデシ寄席です。

談洲が狸札。

只四楼が置泥。

こはるさんは一分茶番。

笑二さんは猫の忠信。

寸志さんは一眼国。

談吉さんは大工調べ。

古典落語を現代に!と現在の客席を理屈抜きに楽しませる工夫と腕を磨いています。

明るいのが落語?って思いを、彼らの老成するもんか!って気概が吹き飛ばします。