ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

夏丸師 珍品の発掘と歌の達人

31日目、お江戸日本橋亭の真打昇進披露です。

6人の若い女性ファンが最前列を守っています。

あら馬が雑俳。

翔丸さんはお見立て。丁寧に演じ分けています。

小夢師は茶の湯。嫌味なく小気味よく運びます。

柳橋師は酔っ払い。具合よく年季が入ってます。

幸丸師は昭和の歌。歌が上手くてびっくりです。

小夢師司会で口上。

うめ吉さん。

寿・夏丸師は谷中奇聞猫怪談。ちゃんと怖いのに与太郎で笑えます。