ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談四楼師の圧巻の柳田格之進

立川流日暮里寄席です。

錦笑が真田小僧

笑二さんは持参金。太ったためか落ち着きがあります。

吉笑さんはぞおん。携帯オバンを超えて筋を通します。

小談志師は唖の釣。客席をやさしく和ませる芸風です。

里う馬師は天災。江戸っ子上等のどっしりした構えです。

三四楼さんは新聞記事。古典ならばかなり面白いです。

談修師は転失気。究めて真っ当な本寸法を味わいます。

談四楼師は柳田格之進。描写と構成が冴え渡る圧巻です。