ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

正蔵三三の池袋はぽっかぽか

池袋下席は正蔵師と三三師のぽっかぽか寄席です。

たま平が牛ほめ。

小はぜさんは加賀の千代。

三朝師はつぼ算。

馬石師は浮世床の夢。

落協らしいリレーで若手が盛り上げます。

紙切りは楽一さん。

春輔師はぞろぞろから練達したかっぽれ。

正蔵師は四段目。芝居の加減が絶妙です。

志ん五を襲名の志ん八さんは軽くざる屋。

錦平師は麻のれん。風情が満ちています。

水戸大神楽小雪さん。

三三師は磯の鮑。これぞ柳派の笑いです。