ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

立川流 個性が光る日暮里寄席

立川流日暮里寄席です。

語楼が牛ほめ。

志の太郎さんは人間っていいな。まだ再現調の語りで描く、人造師匠の未来です。

志らべさんはたらちね。トライアル中で、語る調子のよさを意識してナイスです。

晴の輔師は氷室京介から初音の鼓。発声が安定してきて聴きやすくなっています。

志遊師は七面堂。亡き八代目円蔵ゆかりの噺にここで出会えるなんて感無量です。

らく次さんは黄金の大黒。トライアル中で、腰を据えてくっきりと描いています。

龍志師は化け物使い。隠居にも権助にも化け物にも、愛嬌がたっぷりの好演です。

志らら師はお花半七。明るく楽しく運ぼうというサービス精神をいっぱい感じます。