読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

昇々流が満載のイケてる明烏

町屋お笑い寄席はついに大入りです。

はな平さんは大師の杵。一門のお家芸の地噺の中に温かい人柄がノッています。

志ん吉さんは幇間腹。父となってから本気(マジ)です。ガツンと本寸法です。

八ゑ馬さんは飯米に追われるいもりの黒焼。んなあほなって上方の大笑いです。

昇々さんは明烏。昇々流の手練手管を駆使してオーケストレーションしています。ヤングの過剰からオトナの調和へと進化しています。