ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

鳳楽師 空気の充ちる蒟蒻問答

両国寄席です。

じゃんけんが元犬。

寿昇進の楽しい改め楽八さんは落ち着いた孝行糖から踊ってなすかぼ。

談幸師は猫の皿。客席を軽くほぐしてからするすると味よく語ります。

べ瓶さんはざんぎり地蔵。ケツの毛!?って上方の直球に大笑いです。

好吉さんは紙入れ。真面目だけれど少し不器用って、さわやかさです。

左橋師は厩火事。お崎のリアクションがなんともいえない面白さです。

王楽師は普段の袴。重みの旗本と軽さの八公の対照が効いて明快です。

菊仙さん。

鳳楽師はこんにゃく問答。いつの間にか上州の荒寺の空気が充ちていて、さすがの技を感じます。