ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社そこそこ落語の会へ寄って来るのょウチの人

萬橘師 絶妙の間で掴む替り目

亀戸梅屋敷寄席は大入りです。

次に国立演芸場のある円楽師は漫談でご挨拶。

楽べえが元犬。

道楽師はふところの深い語りで谷風情け相撲。

四月寿昇進の楽大さんはうれしそうに紙入れ。

萬橘師は絶妙の調子で客席が大爆笑の替り目。