ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談之助師がスライディング~

立川流日暮里寄席です。

上手すぎる前座・がじらが狸の恩返し。札と鯉です。

らく人さんはちりとてちん。人差し指にならずに、サラッとなめらかな動きになっていました。

笑二さんはブラボーな持参金。殺伐とした噺を人間味のある噺にかえるお見事なアレンジです。

生志師は悋気の独楽。大店の風格あるおかみさんがキマってます。さすが古典では四天王です。

里う馬師はお化け長屋。本寸法でありながら、ベテランの味のある話芸が繰り出されています。

談吉さんはよかちょろ。キレッキレのプルップルのクリックリの調子がなんともたまりません。

寿復活の左談次師は待望の骨折奮闘記。何とか正座もできるまでに回復なさってよかったです。

談之助師はスポーツのまくらから甲子園談義。仕舞いには高座からヘッドスライディングです。