読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

昼夜通してたっぷり広小路亭

上野広小路亭定席です。

遊かりが道灌。かなり育っています。

音助さんは八問答。レアな演目に挑んでしっかり踏んでいて、ブラボー。

明楽さんは粗忽の釘。天然のボケ味が徐々にナチュラルな味になっています。

可女次さんはちりとてちん。工夫を盛り込みながら剽軽にまとまっています。

扇鶴さん。

歌助師は権助芝居。演者の熱さと厚みのある仕込みが安らぎを生んでいます。

可龍師は明るい幇間腹に、めでたい踊りはせつほんかいな。ナイスな寿ぎです。

チャーリーカンパニーさん。

夢太朗師は大山詣り。包容力のある大きな構えで、気持ちよく運んでくれます。

いよいよ朝夢改メ小夢師の披露口上。僕は今季三回目ですが、いいものです。

ぴろきさんは、客席から突っ込むバアさんを上手に相棒扱いしてさすがです。

遊馬師は真田小僧。愉快な表情はお手の物、大看板の風情を滲ませています。

楽輔師は酔っぱらい。手馴れた十八番です。落語家の根本を体現してくれます。

太神楽は味千代さん。復帰してなおキレイです。

寿・真打昇進の小夢師は天狗裁き。わかりやすく演じ分けが効いていて楽しめました。

流し込まれて、しのばず寄席です。

遊かりが手紙無筆。かなり育っています。

十月に寿・昇進で小談志になる錦魚さんはお菊の皿。悠々として泰然自若です。

一矢さん。

小蝠師は三人旅のおしくら。僕にはちょうどいい加減の心地よい訛り具合です。

社会派の凌鶴師はネパールの救急車。初見です。日本の消防庁もさすがです。

里光師は強情。‘コダワリ’を意地と置き換えると、江戸で通りそうです。

紙切りは花さん。すでにかなりのレベルです。

里う馬師は紙入れ。下スジをもれなく織り込んで痛快です。女房には凄味があります。