ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

桃太郎師のすてきな千早ふる

今日は広小路亭定席です。

昇羊がたらちね。

笑松さんは四人癖。のびのびとしたこういう噺は合ってます。

A太郎さんは自作の罪と罰。大事に育ててほしい強盗噺です。

一矢さん。

芝楽師はぜんざい公社。芸協ではおなじみの演目で安心感があります。

歌助師は時そば。あったかく客席を包んでくれました。あったかいんだから~♪。

チャーリーカンパニーさん。

楽輔師は火焔太鼓。ボケッ~と疲弊した客席をしぶとく攻略してくれました。

お仲入り。

夢花師は身投げ屋。クイツキをキリッと掴む具合がさすがです。

京太ゆめ子さん。

春馬師は松山鏡。ピリッとのどかにまとめてくれました。

遊吉師は粗忽の釘。粗忽っぷりの間合いなんざ円熟の気味があります。

扇鶴さん。

桃太郎師は千早ふる。道中の爆笑はもちろん、「解釈はもう一つある…」から荒唐無稽なサゲに突入します。