ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

雲水師の不動坊に大爆笑

立川流夜席です。

らく者がたらちね。まだまだ役者っぽいです。

志ららさんは親子酒。トライアルの経験が活きて、クスグリものびのびしてきました。

志奄さんは千早ふる。久しぶりに出会えましたが、落ち着きがあって聞きやすいです。

談四楼師は三方一両損。見どころの江戸っ子の啖呵も、師匠が演ると余韻があります。

ぜん馬師は狸札。ヒザでなければめったに観れない、めっちゃ風格のある狸札でした。

雲水師は不動坊。前半の利吉の浮かれっぷりが半端じゃなくて、たまらず大爆笑しました。