ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

歌司師のやさしく暖かい死神

国立演芸場の中席です。

小はぜが転失気。妙に落ち着いていて、悪くない。時間が足りなくて走ったけど。

美るくさんは元犬。シロのアニメ声を抑えて、上総屋の貫録を出して、よくなりましたね。

龍馬師は真田小僧。六連銭まできっちり演じてくれました。

ホンキートンクさん。

左橋師はつぼ算。なんだろうと考えるのどかさをベースに、威勢のよさを効かせる調子です。

正雀師は七段目。圧巻の浄瑠璃と芝居振りでたたみかけて魅せる演出がたまりません。

ダーク広和さん。

はん治師は妻の旅行。思わず‘そうそう’と共感してしまう‘あるある’噺ですねぇ。

小円歌さん。仕舞いの奴さんが最高に‘粋’で‘キレイ’で陶然となりました。

歌司師は死神。醸し出すムードはどこまでもやさしく暖かです。‘芸は人なり’なんですね。