ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小蝠さんのお披露目予行演習

サニーホール落語会は小蝠さんの真打昇進大予行演習でした。客席も演者のみなさんも小蝠さんの応援団です。

たか治が道具屋。ひさしぶりに観たらしっかりしてました。お仲入りでもがんばって披露興行のチケットを売っていました。

鯉橋師は長屋の花見。導入部から長屋の連中の雰囲気づくりが秀逸で花見の前から愉快です。

米福師はつぼ算。人物描写が濃い。コクがあるのにしつこくない。快笑です。

口上の予行演習は、小蝠さんの長年の苦労を讃える温かいものでした。

遊喜師は熊の皮。女房をはじめとしてキャラクターがわかりやすいのが師匠ゆずりですね。

小蝠さんは力強く充実した蛙茶番でした。披露興行のあいだ、とにかく健康にきをつけて無事に過ごされることを祈っています。