ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

たけ平さん気っ風よく幾代餅

今日はほくとぴあ亭です。

鯉〇が松竹梅。

一蔵さんは豪快に風呂敷。意外に繊細なところ、意外にナイーブなところを効かせるとウケますね。まさに大物です。

イケメンに磨きをかけている鯉斗さんは得意の荒茶。芸協ならではのばかばかしいお笑いにご通家のお客さんも爆笑です。

昇々さんは猫の災難。古典を“昇々流”に演じて、このところ好調です。噺の面白さを捉えていて、師匠を継承しています。

たけ平さんは幾代餅。林家らしいサービス精神もあって、もはや堂々たるものです。特に六兵衛親方の気っ風がいいねぇ。