ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

龍馬師の誠実な芝浜

今日は研精会です。

市助が道具屋。何だかピュアなタッチでグッドです。

夢吉さんは一眼国。真剣な語り口の中に、じわっと不思議な感じが出てます。

こみちさんはん廻し。観客に寄り添いながら、軽快に淡々と運ぶ調子です。

遊一さんはねずみ。わざと外連味を消しているような、ひねらない媚びない直球勝負でした。

昇々さんは天災。このところ師匠の古典にチューニングしているのかな、笑わせる腕を上げてます。

龍馬師は芝浜。魚屋に返っていく誠実な語りがベースにしっかりあります。そして、芝の浜や商の様子など、伝統の描写にぐっと引き込まれました。人気の演目だけに、この本流が逆に新鮮でした。