ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

くま八さん権助芝居がんばる

お江戸日本橋亭の定席は午年新春若手会です。

今いちが動物園。喜太郎が転失気。

円満さんは時そば。落ち着きの中にも、何ともいえない愛嬌があっていい感じです。

きらりさんは出世の高松。一年ぶりに拝見しましたが、見違えるほど充実してました。言葉の厚みが増して、ずしっと腹に届きます。

ゲストの伸治師は師匠先代文治の思い出をマクラにして親子酒。酒がじつに旨そうで、酔いっぷりもよく、客席に「呑みたい」感が満ちました。

羽光さんは竹の水仙とかっぼれ。上方のカラッと飄々とした甚五郎が楽しいです。6年踊りを習っているようには見えなかったけど、いで立ちはとてもお洒落でした。

ぴろきさんは、最近安定してウケてますね。もちろん今日もバッチリ。

トリはくま八さん!で権助芝居。権助の田舎言葉と芝居の台詞、面白かった。いやぁ、がんばったねぇ。