ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

志遊師の縁起のよい御慶

地元の荒川落語会です。

鳳笑さんは餅つきや住宅ローンのマクラをたっぷり。そしてさくっと夕立屋。

楽松師は早上りで芋俵。

楽之介師は鮫講釈。なぞかけから五目講釈まで、年季のはいった名調子です。

お仲入り。

幸之進さんは牛ほめ。メリハリを効かせました。

鳳志師は松山鏡。田舎者ののどかな台詞まわしもさることながら、表情づくりがじつに達者ですねぇ。

志遊師はおめでたい御慶。思いっきり明るく演じていただきました。正月には1度は観たい噺ですが、滅多に出会えません。こりゃ春から縁起がいいや。