ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

文菊師の柳田格之進、堪忍袋

今日は湯島はなし亭です。もちろん大入りです。

菊之丞師は鷺とり。本格派の師匠ですが、荒唐無稽な滑稽噺もきめ細かい運びでキマってます。

こみちさんは宿屋の富。導入部の嘘の怪しさ加減がよかったです。マクラの保育事情もここならでは。

文菊師は柳田格之進。45分の道中は(若いな)と観ていたけれど、クライマックスの堪忍袋が胸を打ちました。源兵衛、徳兵衛、格之進、それぞれの覚悟が十二分に描かれました。

ここは、ホントに根多おろしの会ですか。