ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

歌春師の明快明朗な鮑のし

夜はJAL名人会。

緑太が道具屋。

こみちさんは締め込み。祝出産から復帰以来はじめて観ました。確かに女将さんがグッと色っぽくなってました。

百栄さんはお血脈。コスモポリタンな笑いのセンスは機内向きですね。一分に一度はクスッと笑っちゃいます。

圓太郎師は祇園祭。ここはコントラストを明確に、得意の祭囃子が一段と冴えていました。

おなじみのホンキートンクさん。

歌春師は十八番の鮑のし。温厚な人柄はもちろん、明快明朗な語りを十分に楽しみました。