ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

里う馬師の三軒長屋の江戸気質

7月のスタートは立川流日暮里寄席です。

がじらがまんじゅう怖い。今日は余裕がありましたね。

春吾さんは牛ほめ。与太郎の言動に筋が通っていて新鮮です。

平林さんはおなじみ勘定板から安来節。中3日でお目にかかりました。

談修師は宮戸川の序のお花半七。しっとりと安心の得意ネタです。

志遊師はこれも十八番のあくび指南。のんびり具合がいいのは演者の個性ですね。

志の吉さんは金明竹与太郎が生意気な子どもにも見え、今後どう仕上げるのか気になります。

談之助師は選挙あれこれの愉快な泡沫候補

里う馬師は三軒長屋を通しです。登場人物の幅がハンパじゃない。江戸っ子たちがそれぞれ活きてます。鳶頭の女将がやはりいいですねぇ。