ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

可龍師の不動坊に感心

お江戸日本橋亭の定席、今日は可龍師匠の会なんで大入りでした。

たか治が道具屋。翔丸が犬の目。

松之丞さんは武蔵伝・山田神龍剣。張り扇を飛ばす迫力で、充実の語りでした。

遊馬師は酢豆腐。スリムになられましたが、大らかな芸風には幅が出てきました。

蝠丸師は死神。持ち味がよく出ています。

可龍師がまずのめる。陽・昇さんをはさんで、可龍師のトリネタは不動坊。ストレートに演っているのに、いつの間にかしっかり笑っている自分に気づきます。どうりで若いのにファンがちゃんとついているわけです。